看護師 事務員 医療者

【遺族の体験から・2】チームとは何か。本物の「チーム医療」を目指して

受付や診療、看護に薬局など、すべてのシーンでの対応がよくないとき「あの病院はよくない」とクレームになるものです。患者さんはラインで看ている、つまり「チームで看ている」というあり方が大切です。自分自身が遺族になった経験から、患者さんやご家族の求めているチーム医療についてお話します。

仕事をしないスタッフを注意できない師長にモヤッ…役割を明確にして良い関...

現場のスタッフを管理する主任や、先輩として後輩を指導する立場になったとき、師長やさらに上の人の行動にモヤッとすることは少なくないでしょう。今回は、「仕事をしないスタッフを注意できない師長」の問題に注目。「自分が頑張っても、師長が注意してくれないんじゃなぁ」とやる気を失ってしまったとき、どうすれば解決できるのでしょうか。

うつで休職した後輩のアイキャッチ

「うつ状態で勤務軽減が必要な後輩の言動にモヤッと」を解消!

今回は、「うつ病で休職した後輩の言動にモヤッとしてしまう」シチュエーション。いつも「何かのせい」にしているように見える後輩をどうとらえたら良いのか?状況と背景を整理して、モヤっとする原因を考えてみましょう。スッキリできる解消法は最後に紹介していますので、ぜひ、最後まで読んでみて下さいね。

先輩、上司とのコミュニケーションってなぜすれ違う??

上司と部下、先輩と後輩のコミュニケーションはなぜすれ違うのか?その理由はコミュニケーションの「型」にあります。解消型・解決型をシーンに合わせて使い分け、適切なコミュニケーションができるようにしましょう。わかりやすい例を交えて、互いに快適なコミュニケーションのとり方を紹介します。

新人看護師が受け入れやすい上手な褒め方・叱り方

新人が受け入れやすい「褒め方と叱り方」を具体的なセリフ例で解説します。あいまいな叱り方は無条件否定で人格の否定になり相手を深く傷つけますが、無条件肯定は相手の自己肯定感高めます。叱る、注意するときは条件付きの否定がベストです。ポイントを意識すれば、良い効果をもたらす褒め方・叱り方ができるようになります。