職場に馴染まない新人にもやっと

「職場になじまない新人にイラっとします」思考のワクを外してスッキリ!

先輩、プリセプターとして教える立場となったり、指導者として人を管理する立場になると、「新人が職場になじんでいるか」気になりますよね。

今回は、「自分から職場になじまない新人にイラッとする」というお話です。
指導する側、新人側の2つの立場から見ることで、人の視野を狭めてしまう「思考のワク」を外すことができます。

「新人がなじみやすい職場か」のチェックもありますので、ぜひ、「自分ごと」としてとらえて読んでみてください。

あらすじ

昨年この病棟では、急な退職者が2名出ました。
そこで、この春から新卒の高橋さんとこの病院の外来から鈴木ナースが配属されることに。

外来から異動になった鈴木さんは外来の経験は4年です。
落ち着きがあり、患者さんからの評判が良いので病棟の即戦力になるだろうと外来師長が推薦してくれたのでした。

言いたいことは遠慮なく言う新人の高橋さんには、病棟の中でもガンガン指導するタイプのナースがプリセプターに。鈴木さんはこの病院の前に、他の総合病院の慢性期病棟で働いていたキャリアがあるので、プリセプターはつきません

1度処置などを見学してもらい、わからないところを主任の大野さんに確認しながら仕事を覚えるというスタイルになりました。ただ鈴木さんは、病棟にいたのは5年も前のこと。しかも慢性期の病棟だったので、今の病棟の検査や手術前の処置などは初めて見るものばかりです。

【鈴木さんの気持ち】

正直、1回見学しただけじゃ覚えられない…高橋さんは最初からキチンと教えてもらえていいなぁ

大野主任の不満:新人が職場に自分からなじまない…

高橋さんと大野主任、他の日勤者たちが休憩室で昼食をとっていると、12時50分をすぎてやっと鈴木さんが食事にきました。職場に馴染まない新人にもやっと1

大野主任たちは椅子に座るよう勧めますが、鈴木さんは断ります。机に座って壁を見ながら遠慮がちに、でも焦ってサンドウィッチを食べます。

13時からの検査の介助は鈴木さんの当番なので、さっと食事を済ませて検査室に降りなくてはならないからです。

職場に馴染まない新人にもやっと2

鈴木さんの頭は検査介助のことでいっぱい
みんなは先日高橋さんとプリセプターが看取ってエンゼルケアをした患者さんの話で盛り上がっています。

職場に馴染まない新人にもやっと3

鈴木さんはひきつり笑顔を作りながらうなずいてますが、積極的には会話には参加しません

そういう話題は嫌だなぁと思うし、何より13時からの検査介助は初めて1人で行うためとっても不安で、余裕がない状態なのです。

職場に馴染まない新人にもやっと4

そんな鈴木さんを大野主任は、職場になじまない新人とみています。

高橋さんは自分からいろいろと話しかけて来るのに、鈴木さんはそうではありません。

鈴木さんは休憩室でも次の処置のメモをみながら食事をしていたりするので、他のスタッフも「話しかけづらい雰囲気がある」と言っており、どうしたらいいかなぁと悩んでいます。

職場でのイライラ・モヤモヤを解消できる自分に。TNサクセスのコーチング

新人にイラッとしている大野さんの言い分

もやっとする看護師 大野さん

鈴木さんは新人なんだからもっと自分からコミュニケーションをとってこないとダメだと思う。

高橋さんだって新人だけど、彼女は自分からいろいろ話しかけてきたりするからスタッフにもう溶け込んでいる。

外来で働いていたころは結構ニコニコして感じいい人だなぁと思ってたのに

先週末、鈴木さんに「もっと自分からスタッフに心を開かなきゃダメだよ。外来で感じいいなぁって思ってたから、今の鈴木さんにはみんなちょっとがっかりしてるよ。来週からは自分からもっとなじもうって努力してくれるって期待してるからね!」とエールを送ったのにあまり変化がなかった。

スタッフ同士の雑談だって大事なコミュニケーションの1つなのになぁ…

師長の話じゃ外来では和気あいあいとしてたみたいなのに、鈴木さんって病棟に合わないのかなぁ…やれやれ


※参考文献 対人力を磨く22の方法 奥山美奈著 メディカ出版
写真をクリックで購入できます。

職場になじめない鈴木さんの言い分

焦って食事する看護師

大野主任から「もっと自分からスタッフに心を開かなきゃダメ。しかもみんながっかりしてるよ」とまで言われてすごくショックだった。

処置や検査介助は1回見学しただけじゃ全体の流れくらいしかわからないから、家に帰っても必要物品や介助の仕方のメモを作ったりしなきゃならなくて…

休憩だってみんなと話したりしたいけど、次の検査の介助のことなんかで頭がいっぱい。

間違って迷惑かけるわけにはいかないし、早く仕事も覚えて1人立ちしなきゃならないと思うと、休んでいる暇なんてない。

あと、笑い話のように亡くなった方を話題にしているのが…亡くなった患者さんの家族の思いを考えると、とてもじゃないけど笑いながら話すことではないと思う。どうリアクションをとったらいいのか困るし、聞くのも嫌になってしまう…

2人の背景から考え方の傾向を知ろう

立場が違うとは言え2人の考える「新人の在り方」には大きな違いがありますね。

2人の背景を知って、考え方の傾向をつかみましょう。

大野主任の背景

怒った看護師

新卒からずっとこの病棟に勤務し、今年で12年目。
サバサバしていて自分の思ったことをはっきり言うタイプ

何人も新人を育ててきた経験や教育委員会でも役員を務めて熱心に学んでいることから、教育には自信がある

しかし、キャリアのあるスタッフの異動を受け入れるのは初めて。

鈴木さんの外来での仕事ぶりから「即戦力になる」と期待していただけに、最近の鈴木さんの姿にがっかりしている。

独身で父と母と弟との4人暮らし。家族みんな健康で、身内をなくした経験はない。

鈴木さんの背景

おどおどした看護師

看護師になってすぐに結婚し、総合病院の慢性期病棟で5年勤務。出産を機に外来で働いて4年経ち、「子供も大きくなってきたので病棟でも大丈夫かな」と、今回の異動を受け入れた。

たくさん話すタイプではないが、優しいまなざしや思いやりのある言葉かけで信頼され、友達も多い
患者さんや家族の方々は自分の家族だと思って接するため、患者さんからは感謝の手紙が頻繁に届くほど。

高校生の時、父親を肝臓ガンで亡くした経験がある

デザイン系の学校に進学しようとしていたが、「病気の父に何もしてあげられなかった」という気持ちから、看護師になろうと決意した。

大野主任のモヤッとはなぜ生まれるの?

もやもや悩む看護師

大野主任がモヤッとするのは、なじめない新人という「思考のワク」が原因です。

たくさんの新人を育ててきた経験が悪い意味で先入観となり、それが「新人は自分から話しかけてくるべき」という考えを生んでいます。

これは「べき思考」という偏った物の見方で思考のワクといわれます。
「べき思考」があるとワクにあてはまらない相手が悪く見え、理解できなくなってしまうのです。

鈴木さんが職場になじまない新人に見えるのはこうした「べき思考」が大野主任のこころの根底にあるからです。

鈴木さんの背景やこれまで働いてきた姿から考えると職場になじまない人ではありません。仕事に慣れていない鈴木さんはスタッフに話しかけるような余裕がないだけです。

「新人は自分から話しかけてくるべき」という思考のワクが大野主任になかったら、鈴木さんがお昼の休憩を十分にとっていないことに気づき「休憩入れそう?何か困ったことある?」と声をかけられるかもしれません。

声をかけてもらえれば、鈴木さんも「次の検査のことで質問があるんですが…」と相談しやすくなります。

相談してすぐに解決できれば、もっと早く休憩に入ることができ、スタッフとも話す余裕が生まれる。

こんなちょっとした工夫がなじみやすい職場をつくるのです。


※参考文献 対人力を磨く22の方法 奥山美奈著 メディカ出版
写真をクリックで購入できます。

思考のワクから抜け出してうまくいく。TNサクセスのコーチング

新人にとってなじみやすい職場かをチェック!

この春、新人を迎えたみなさん。あなたの職場は、新人にとってなじみやすい環境だと思いますか?
次の質問であてはまるものに○をつけてみましょう。

  1. 1日1回は新人に声をかけている
  2. 「座っていいよ」と言わなくても新人は自然に座っている
  3. 新人が自分から病棟の(飲んでいいといわれているもの)お茶やコーヒーなどを飲んでいる
  4. 新人が質問してもいい時間がはっきりしている
  5. スタッフみんなが新人の出身地や年齢、卒業した看護学校が言える
  6. 新人がプリセプターや主任以外のスタッフに質問している姿をよく見る
  7. 新人はきちんと休憩をとっている
  8. 新人が右往左往している姿をあまりみない

4つ以上に○がついた職場は、新人が「なじみやすい職場」と感じている可能性が高いでしょう。

反対に3つ以下しか○がつかなかったという職場は、もしかすると新人の離職率が高いかもしれません。

このように、「はたしてこの職場は、新人がなじみやすいのかな?」という視点を持つことは「新人はこうあるべき」という指導者側の思考のワクを外すポイントになります。

鈴木さんのモヤッと解消~スッキリポイント!

笑顔の女性看護師アイコン

ひと言でいうと鈴木さんはきまじめなのです。

「1回教えてもらったんだから、わからないことは自分で解決しなくっちゃ!」
「みんな忙しいんだから迷惑をかけないよう、早く仕事を覚えなくちゃ!」

と必死です。鈴木さんは今までも人一倍がんばり屋さんできたのでしょう。でも、この考え方の根底にもじつは、大野さんと同じ「べき思考」がかくれています。

「自分で解決しなきゃ!」

「自分で解決すべき

「早く仕事を覚えなくっちゃ!」

「早く仕事を覚えるべき

と、ここに思考のワクがあります。

この考えは一見マジメでステキですが、行き過ぎればやはり思考のワクになってしまいます。

鈴木さんがこの病棟にきたのは、もしかすると「もっとまわりの人に頼っていい」ということを学ぶためかもしれません。

頼り、頼られる関係になろう

イメージしてください。道に迷った小さな子どもが「すいません。近くに郵便局はありますか?」と尋ねてきたら、嫌な気持ちになるでしょうか。

「そこを曲がってすぐだよ」と教えてあげたら「どうもありがとうございました!」ぺこり。なあんてお辞儀なんてされたものなら「なんていい子なんだろう!」と好印象をもちませんか?

人に親切にするのは気持ちがいいし、「ありがとう」と言われることは人をさわやかな気分にします。
人に教わることや、頼ることは相手の優しさを引き出す大切な機会でもあるのです。

頼られて悪い気がする人はいません。だからもっともっと人に頼ったり頼られたりしていいのです。

これを相対的依存関係といいます。忙しくても余裕がある人は「頼み上手の頼まれ上手な人」が多いものです。

新人のころは何も役にたつことがないと申し訳なく思うこともあるでしょう。鈴木さんのようにきまじめなタイプの人ならなおさらです。でも、そんなときは「3年かけてお返しします」と思いましょう。

3年目には新人だった人だってプリセプターです!
新人を見事に育てるあげることで病棟にお返ししよう。くらいのラク~な気持ちで堂々と新人になりきっていいのです。

「頼れる人がいない」、「人を頼れる自分になりたい」TNサクセスのコーチング

鈴木さんにしかできない役割…目からうろこポイント!

すっきりとした青空

今回の鈴木さんのモヤッと原因のもう1つに、スタッフ同士が軽々しく亡くなった患者さんのことを話していたということもあります。

これについて私は、鈴木さんにいつか(病棟に溶け込んだころにでも)家族を失うことの悲しみについて自分の体験をぜひ話してほしいと思うのです。

私も自分の大切な家族を2人も失った経験があるので、このマンガにでてくるような場面にとても心が痛みます。看護師といえども自分の家族を失った経験のない人は人の死に対して鈍感になっていることがあります。でもそれは、本当は悲しいことです。

この病棟の上司にそういった経験や感性があれば「そんなふうにいうのは患者さんに失礼だよ。」と心の痛む雑談をたしなめることができたかもしれませんが、現時点ではできていません。

してもよい雑談と看護師として、してはならない雑談の区別がついていない状態なのです。鈴木さんにはこの病棟で遺族の立場や悲しみを伝えるという役割があるのではないでしょうか。

スタッフが人の痛みにこころから共感できるようになれば、病棟としてとても成熟できるでしょう。

みなっちからのアドバイス

鈴木さんは新人として病棟で育てられる部分が多いですが、貴重な体験を伝える役割を果たせば、病棟全体の成長ために「病棟が鈴木さんを選んだ」こんなふうにも考えられるのではないか。と私は思います。

奥山美奈の公式メールマガジン登録はこちらから
無料のメルマガに登録する

写真をクリックで購入できます。
対人力を磨く22の方法/著・奥山美奈
※参考文献 対人力を磨く22の方法 奥山美奈著 メディカ出版
看護の現場で「モヤっと」、「イラっと」したとき、どうすればいい?
リアルなケーススタディを漫画で学び、自然と対人力が身に付くコミュニケーションの教科書。
今日から実践できるアドバイスを多数掲載しています!

現場で役立つYoutube動画、更新中!

こちらの記事もおすすめです!

急変時でも自分の仕事しかしない新人にイラッ!付き合い方と指導のポイント

先輩、上司とのコミュニケーションってなぜすれ違う??

関連記事一覧